鬱になったら?治療法

うつ病になってしまったら?どのような治療を行えばよいのか? - うつ病の進行状況

うつ病の進行状況

どんな病気でも早期発見早期治療に越した事はありませんが、うつ病も治療をせずに放置するとどんどん症状が悪化してしまいます。そして悪化してしまうと、治療も長期化してしまいます。
そのため、なるべく早い段階で専門の病院で治療を受けるようにして下さい。

うつ病の初期症状

では、うつ病の初期段階では、どのような症状が現れるのかというと、やる気が出ずに、すぐに疲れてしまいます。
また集中力や思考力が落ちてしまうので、仕事の効率が落ちるなど、日常生活にも支障が出てきます。
他にも性欲がなくなったり、今まで好きだった趣味に興味を持てなくなった場合も要注意です。
ただ、うつ病ではなくても忙しく疲労がピークに達していたり、寝不足の状態が続けば、うつ病の初期の段階と似たような症状になる事はよくある事です。なので、すぐにうつ病と大騒ぎする事なく、まずはゆっくり休養をとり、それでも症状が改善しない場合は、専門の病院を訪れるようにして下さい。

うつ病の中期症状

では、うつ病の中期の段階では、将来の事が不安になったり、過去の事でああすれば良かったと後悔したりするようになります。
そして、朝起きれなくなったり、食欲が落ちたり、物忘れが激しくなるなど、ルーチンワークをこなすのが難しくなってきます。
身体にも支障が出てきて、頭痛や動悸、めまいやフラつきなどの症状も現れはじめます。

うつ病の末期症状

そしてうつ病の末期になると、スムーズに行動出来ずに、動きがゆっくりになります。
人と距離を置き始め、1人を望む一方で、1人でいる事に孤独も覚えます。
将来に希望がもてず、生きていくのが虚しいと感じ、消えてしまいたいと自殺をするのもうつ病末期の症状です。
この段階に突入してしまうと、自分ではうつ病を改善するために、病院へ治療を受けに行こうという考えは持てなくなってしまいます。そのため家族が無理にでも病院へ連れてきたり、自殺の危険性が高い場合は、そのまま入院させる事もあります。

関連する記事

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫