鬱になったら?治療法

うつ病になってしまったら?どのような治療を行えばよいのか? - うつ病ってどんな病気?

うつ病ってどんな病気?

うつ病と聞いて思い浮かぶイメージは、憂鬱で無気力な状態という人が多いのではないでしょうか?
それは間違いではありませんが、うつ病の症状とは、それだけではありません。
では、うつ病の症状について紹介していきます。

うつ病の心の症状

うつ病は心の病気ですが、影響を受けるのは心だけではありません。
心と身体は影響しあうため、心が病気になれば、身体にも症状が現れてしまいます。
うつ病の心の症状は、憂鬱な気持ちになる事、意欲の低下、集中力の低下などが挙げられます。
他にも、不安に陥りやすくなったり、物事を悲観的に考えるようになります。
そして将来を悲観した結果、自殺に至るケースもあるので、うつ病は本人だけでなく周囲の人の接し方も重要だと言えます。

うつ病の身体の症状

そして身体の症状は、睡眠障害が現れやすく、なかなか眠れなかったり、夜中に何度も目を覚ますため、疲れが取れないなどの症状が現れます。そして食欲がなくなり、何を食べても美味しいと思わなくなってしまいます。
そのため、体重が落ちてしまい、免疫力が低下し、風邪を引きやすく、治りづらくなってしまいます。
身体がダルく、疲れやすくなるため、外出を控えて、家にこもりがちになるのもうつ病の症状の1つだと言えるでしょう。
うつ病になると、ホルモンバランスも崩れやすくなり、性機能障害になる事もあります。
その他、頭痛や、肩や背中など、身体のいろんな部位で痛みを感じたり、胃がきしんだり、汗をたくさんかいたり、息苦しさを覚えたりします。
うつ病だと自覚症状がない時には、これらの身体の症状の原因が何か病気になったせいだと考えて病院で診察を受ける人も少なくありません。
しかし、検査を行っても身体に悪いところは見つけられず、いろんな科を回されて、最後に辿りつく場所が、精神科や心療内科となるわけです。

関連する記事

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫