鬱になったら?治療法

うつ病になってしまったら?どのような治療を行えばよいのか? - 5種類の抗うつ剤とその特徴

5種類の抗うつ剤とその特徴

うつ病の薬物治療に、抗うつ剤を服用するという事を知っている人は多くても、その抗うつ剤の種類が5つもあるという事は知らない人も多いでしょう。では、5種類のそれぞれの抗うつ剤の特徴や注意点について紹介します。

抗うつ剤の種類について

「SSRI」は、脳内物質のセロトニンの吸収を阻害する働きのある薬です。
セロトニンの吸収を阻害すると言われても、イマイチどういう状況なのかピンとこないかもしれません。
そもそもうつ病の原因とは、セロトニンの減少により生じます。
そのため、吸収を阻害する事で、体内に留まり、セロトニンの量が増えるためにうつ病の症状が改善されるという訳です。
不安を解消する働きが強いため、不安障害やパニック障害などの治療薬としても処方されています。
副作用は、比較的少ない方ですが、SSRIの中でも、パキシルなどは副作用が強いので、注意が必要です。
ただ、副作用は投薬初期の頃に現れるので、1〜2週間ほどで副作用が軽減するケースが多いので、様子見をして下さい。
「SNRI」は、脳内物質のセロトニンに加えて、ノルアドレナリンの吸収も阻害する働きがある薬です。
セロトニンとノルアドレナリンの両方を増やす事で、SSRIよりも効果的で少ない副作用でうつ病の症状を改善する事が出来ます。
「NaSSA」は、セロトニンとノルアドレナリンに働きかける薬ですが、SNRIと異なる作用で働きかけます。
そのため、SNRIでうつ病の症状が改善しなかった人でも、NaSSAで改善するケースがあります。
どの種類の抗うつ剤で効果が出るのかは、個人差があるため、もし今処方されておる抗うつ剤に効果が見られない場合は、医師と相談し、薬を切り替える事もあります。
ただし、抗うつ剤には即効性はなく、1〜2ヶ月程度は継続して服用しなければ、効果は実感出来ません。
「三環系抗うつ剤」は、抗うつ剤の種類の中では最も古い薬です。
三環系抗うつ剤も、効果自体は高いのですが、脳内物質であるアセチルコリンの働きを抑制してしまうため、副作用が非常に強く現れてしまいます。そのため、まず先に処方されるのは、三環系抗うつ剤以外の抗うつ剤です。
そして、それらで効果が見られない場合にのみ、処方される薬です。
そして三環系抗うつ剤の副作用を少しでも少なくする事を目的に開発された抗うつ剤が「四環系抗うつ剤」です。

関連する記事

次の記事: を読む ≫